スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:15/1281 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

質問が溜まってる!

 投稿者:「D」  投稿日:2019年11月12日(火)10時09分31秒
  通報 返信・引用 編集済
  こんにちは。
日曜はRD-1の燃料ポンプが死んでサブロクGPに持ち込めなかった「D」です‥TдT


イタロさん。

走行時にアクセルオンオフでシフトレバーの動きが大きくなっていませんか?
エンジンマウントが切れていると走行時にシフトレバーが動きます。
マウントゴムが切れますと、クラッチペダルを踏んでもエンジンが引っ張られ、
ワイヤー操作に支障をきたしてクラッチが切れづらくなります。

またエンジンが動くためシフトレバーの入力も思うようにいきづらくなります。
回転を引っ張っる時、スローの時、登坂時、下り時などでも操作性が変わります。
そんな症状でしたらエンジンマウントゴムが原因かもしれません。
まあ‥一度しっかり確認されるがよいでしょうね‥。

ミッションオイルですが、LSD対応のオイルは極圧剤がシンクロリングを
傷める恐れがあります。 LSD対応と書いていないものでしたら
あまり気にしなくてよいと思います。 気になるならGL-4を選ばれると
いいのですが、今時はシングルグレードばかりで、80w-90、75w-90の
マルチ粘度があまり選べないのですよね。

極圧剤が悪さをした場合のシンクロの不具合は2・3・4速の入りが悪くなると
思います。ギヤを抜くほうは変わらないでしょう。
うちでは今、JXTGエネルギーGL-5 75W-90を使用していますが、
まあ‥特にこだわってはいません。



たっくん。

スバル360やほかの2ストにハイオクガソリンを入れるのは問題ありませんよ。
特に当店は「高速道路や真夏の過酷な運航を行う際にはハイオクガソリンを
入れてください」とアナウンスしています。

レギュラーガソリンはエンジン高温時になりますとスパークプラグが火花を
飛ばす前に勝手に燃焼し始めることがあります(いわゆるノッキング)。
ハイオクはそんな過酷な条件下でもプラグが火花を飛ばすまでじっと待っている、
優れた性能のガソリンなのです。

燃焼効率が良いというよりも、余分なことをしない設計通りのエンジンパワーを
引き出せるガソリンなのです。うちのレーシングスバルは常時ハイオクとの
混合を入れて1万回転近くまで回していますが、問題ありません。

ハイオクは別の言い方をしますと燃えづらいガソリンです。 ですから冬場の
始動性が悪くなる可能性がありますので、そこは様子を見てください。
あと、しっかりした性能を得るためにはおクルマの点火時期を進めてやる必要が
ありますが、乗った感じ気にならなければそのままでも全然構いません。


お二方、ご参考になりましたでしょうか‥?
 
》記事一覧表示

新着順:15/1281 《前のページ | 次のページ》
/1281