teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安偽物ブランドニセモノ專賣(1)
  2. ブランド激安偽物ブランドニセモノ專賣(1)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


マッサージをしてくださるAさんからいただいたビーズバッグ

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 8月16日(水)11時41分49秒
返信・引用
   もともとは文化服装学院で服飾の勉強をなさっていたというマッサージ師のAさん。
マッサージをしていだきながらいつも色々な話をする。今回はスワンさんからビーズバッグ
をいただいた話をしたのだが、すぐに良かったら持っていってとピースバッグを出してきて
くださった。パーティーがあった時に作ってもらったものだとのこと。海外のお財布によく
ある形の開き方になっている。全然物が入れられないと笑っていらしたけれど、実用性の
ないものはおしゃれである。
 
 

スワンさんからいただいた箔座のグッズ

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 8月15日(火)21時41分56秒
返信・引用 編集済
   金沢に本店がある「箔座」というお店が日本橋に出店したお店でスワンさんが
買っていらっしゃったガラスに金箔を施したもの。帯留めにちょうどよさそうな大きさです。
クリスタルガラスだそうですが、宝石のようにきれいなブルーです。見ていると、まるで
夜空を眺めているような気分になるから不思議です。
 

地方のボタン店

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 8月13日(日)22時36分34秒
返信・引用
   ここ数年ガラスボタンはもちろんボタンを売っている店もほとんど見なくなりました。
まだ残っているとすると、地方都市でしょうか。
 前橋と宇都宮にあると最近耳にしました。久しぶりにボタン探しの旅に出てみたいなあ、
と思っています。
 

日常使いのカジュアルなパール

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 8月12日(土)10時04分39秒
返信・引用
   パールを普段使うことは難しいと思いますが、汗に強い淡水パールは洗うことも
できるそうなので、夏に最適です。淡水を編んだパールネックレスを2本いっぺん
に画像にアップしました。白いパールを花の形に編んだものとオレンジの罌粟パール
の細いネックレスです。オレンジは染めでなく天然の色です。安く買いましたが。
オレンジの小さな罌粟はあまり見ないので、金具を金に取り替えて使いたいのですが、
罌粟は小さいので糸替えをしてもらえないという難点があります。
 

非日常のパールバッグ

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 8月12日(土)09時54分44秒
返信・引用
   『大地』を書いたパールバックとよく似ていますが、パールのバッグです。淡水パールを
グラデーションになるように編み込んであります。A4判の半分ですからA5判というので
しょうか、それ位の小さな手提げの形のバッグです。ずっしりと重く、マチもありませんし、
物を入れるには適しません。バッグ自体がアクセサリーのようなものと考えるのがいいのか
と思って買いました。
 持ち手も淡水パールで、グラデーションになっています。天然の真珠の輝きですから派手
ではなくやわらかな艶が見る人にもきっとやさしく映るのではないかと思います。
 実用には軽くて沢山入ることが大切ですが、おしゃれをする時にはこういう正反対(最近
は真逆という人が多いけれど、私はこの言葉を好みません)の物がいいような気がします。
 なかなか分けられませんが、日常も非日常もどちらも大切だと思っています。
 

スワンさんのビーズバッグの他の画像

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 8月11日(金)19時28分33秒
返信・引用
   スワンさんのビーズバッグは背面も中に入っている鏡もとてもおしゃれです。  

続けてビーズバッグのこと

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 8月11日(金)10時34分57秒
返信・引用
   スワンさんからいただいた色の説明が難しいバッグの画像もアップしたいと思っていますが、
昨日珍しいバッグを手に入れたのでその画像も載せたいと思っています。
 淡水パールで作られた手提げの形のバッグです。小さいのにずっしり重くて、全く実用的な
ものではありません。華やかですが、天然のパールですから派手ではありません。これを持つ
日はおそらく無いと思います。でも私は世の中の人とは逆方向へ行く人間なので、使わないもの
でも眺めてうっとりできれば持っていたいという基準で物を買っています。
 最終的に歴史民俗博物館に寄付、です。
 パールのアクセサリーはなかなか評価されないことがやはり多いと思います。古いものは汗で
変色しますし。でも私はそこが良さだとも思います。アンティークレースの変色とパールのそれ
はよく似ていて、古い感じに心惹かれるのです。
 パールを日常使いにしたいということも思っています。
 

スワンさんのビーズバッグ

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 8月11日(金)10時23分11秒
返信・引用 編集済
   しばらく前に新聞にビーズバッグのことが載ったことがありました。日本のビーズの
美しさにも触れていましたし、今ではほとんど作られなくなったビーズバッグを大切に
しようという内容でした。もし捨てようと思うのなら歴史民俗博物館で保管しているので
送ってほしいということも書かれていました。
 8月7日にスワンさんがランチに誘ってくださって横浜まででかけてきました。チロリン
さんと私に懐石ランチをご馳走してくださり、その後お住まいにもお邪魔してティータイム
も楽しませてくださいました。蕗の砂糖菓子、故郷山形ののし梅、北海道のおしゃぶり昆布
など珍しいお菓子を用意してくださっていました。
 そしてビーズのバッグをお土産に持たせてくださいました。渋い紫色一色のバッグです。
ビーズバッグは色鮮やかなものが多いのですが、ぜひ使ってみたいと思う色やデザインなのです。
 絵の先生がいつも何色と言えないような複雑な色で描きなさい、とおっしゃるのですが、
いただいたバッグはまさに何色と言えない色合いなのです。
 それに加えて金沢の箔が使われたガラスのパーツをいただきました。箸置きやブローチくらい
の大きさなのですが、それが一体何なのかは不明です。あなたにしか使えないのお言葉と共に。
私にしか使えない…、私にも使えなかったらどうしましょ、ですが、瑠璃色のきれいなガラス
に金箔。見ているだけで様々な想像をすることができます。まずは想像を掻き立ててもらい、
次は箸置きやスプーンレスト、そしてブローチにしてみたいと今は思っています。
 スワンさんはチロリンさんの昔からのお友達です。楽しい1日を過ごせたのはチロリンさんの
おかげでもあります。お二人から教えていただくことが沢山あります。私も長くお付き合いさせ
ていただけたらと思っています。
 

様々なお宝発見

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 7月25日(火)08時13分30秒
返信・引用
   世の中では相変わらずの断捨離ブーム、ということでしょうか。ほぼ毎日
素敵なアクセサリーを発見しています。昨日はカーネリアンのロングネックレス
(グラデーションになっています)、銀線細工のタイタック(男性用の銀線細工
は初めての発見)、琥珀のインタリオのネックレスを見つけました。
 インタリオは裏彫りのことです。女性の横顔の絵なのですが、下の方に薔薇が
幾つか飾られています。
 全て信じられない安値ですが、毎日こうやって買っていると物が増えるし、
まとまればかなりの出費になります。でもやめられない。
 

物を増やす生活

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 7月21日(金)23時26分32秒
返信・引用 編集済
   家の中を片付けたいと思いつつ相変わらず買うことの多い毎日です。
私の暮らしている町はシャッター街で、家からスーパーまで1キロ
以上あって、買い物も大変です。店が少ない割にリサイクルショップ
が多く、色々なものがあるので便利に使っている人も多い気がします。
珍しいものも出るのでお宝探しをする人も多いと思います。
 今日はビーズ織りのバッグとパシュミナに絹糸で手刺繍したものを
見つけました。シルバーにあこや貝の並ぶブローチも買いました。
生活の役に立つものはありませんが、どうしてこれがこんな安値で売ら
れるのかしら、と思うようなお宝ばかりです。
 

綺麗な貝ボタン

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 7月 5日(水)21時10分55秒
返信・引用
   私がよく買い物をするスーパーの2階にリサイクルショップがあります。ブランドものは
高いのですが、けっこう掘り出し物もあって、食品を買う前にちょこっと覗いて楽しんでいます。
レジの近くに処分品の服や食器が置かれています。最安値は税込み105円です。
 ボタンのいいのが付いているとそれが目的で買います。今日はきれいな貝ボタンの付いている
ブラウスがあったので買いました。虹色に光るものもあります。全部で8つのボタンが付いている
ので、とても得した気分です。
 

スワンさんへ

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 6月24日(土)13時05分20秒
返信・引用
   ビーズのバッグを見つけてくださったとチロリンさんからうかがいました。
早く拝見したいという気持ちもありますけれど、お忙しいご様子です。お時間
ができた時に手渡しでいただけたら一番うれしいです。いつ頃のものなのか、
どういう時に作られたのか(買われたのかもしれませんね)などお話付きが
いいなあと欲張ったことを考えています。
 どうぞお身体大切にお過ごしください。
 

真珠のネックレス

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 6月24日(土)11時52分30秒
返信・引用 編集済
   リサイクルショップでお宝アクセサリーを買う楽しみについて繰り返し書いてきた。
以前は珊瑚や鼈甲、琥珀のアクセサリーが安値でしばしば店に出ていたが、この頃は
そういうものの価値が認められて高くなってしまった。価値が認められたことはうれしい
けれど、驚きの安値で出なくなったことは残念である。
 最近私が見つけて楽しんでいるものは真珠のアクセサリーだ。あまり手のうちを
明かしたくたくはないが、ホームページの訪問者は少ないので、真珠探しが増えるとも
思えない。ステーションや一粒のペンダントヘッドは普段よく使っているけれど、真珠
のブローチやネックレスはなかなか使えない。でも眠らせておくだけではもったいないと
感じる美しいパールが時々信じられない値段で買える。夏は汗をかくのでつかいづらい
けれど、ちょっと改まった印象のパールも普段使いしていきたいなあと思っている。
 本当にいいものは安い値段がつく、と友達に話して、なるほどと言ってもらうことが
最近ある。私の気に入っているパールのネックレスは全てワンコイン以下の値段だ。
これこそお宝というアンティークのグラデーションのネックレスは108円で買った。
私が高級アンティークショップの店主だったら10万とか、20万という値段をつけると思う。
 
 

スワンさんへ

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 6月 4日(日)20時27分7秒
返信・引用
   スワンさんの宅へお邪魔してからもう6年以上になりますね。お邪魔した時に髪留めと
ネックレスをいただき、後日卓上の三面鏡を送ってくださったことを今もありがたく
思っています。三面鏡は私の机の上に置いていましたが、あの年の3月11日に机から半分
近く外れて今にも落ちそうになっていました。よくぞ堪えて落ちずにいてくれたと思った
ことでした。今は床に置いています。
 ビーズのバッグを探してくださるとのこと。スワンさんがどのような形で手に入れられた
ものなのかなど教えていただけるとうれしいです。あらら、もういただいた気になっていて
図々しいですね。拝見するだけでもありがたいことと思います。
 

(無題)

 投稿者:スワン  投稿日:2017年 6月 3日(土)16時09分48秒
返信・引用
  今日チロリンさんにお逢いして、お心ずくしのクリアフアイルを頂戴しました。
お心にとめて戴き感謝致します。
ビーズのバックとか?粗末な物ですが御座いますので機会を見つけるつもりです。
マンションが修繕工事中なので一寸先になると思いますが、その時はよろしくお願いしますね。
 

Re: 練馬区立美術館へ

 投稿者:スワン  投稿日:2017年 6月 3日(土)15時56分43秒
返信・引用
  > No.1690[元記事へ]

kosatoさんへのお返事です。

>  今日チロリンさんと練馬区立美術館へ行ってきました。「19世紀パリ時間旅行」
> というタイトルの展覧会でした。
>  パリと聞いただけで反応してしまう私ですが、古いパリとなると更に興味をひかれ
> ます。1300年代、1500年代、1800年代のパリの地図や石版画などが沢山展示されて
> いました。時間が経ってもあまり変わらないということがわかりました。手彩色の版画
> もいかにもパリらしい地味な美しい彩色で、色にも心ひかれました。新しいパリを作ろう
> という動きがあったそうですが、案外変わらないままに伝統を引き継いできた街なのだと
> 改めて感じました。
>  美術館へ行く前に中村橋からほど近い小さなピザ屋さんでランチを食べました。
> ピザがメインのイタリアンでしたが、お店の雰囲気がパリの店のようで、ここから
> 展覧会の気分が始まったような気がしました。
>  チロリンさんと一緒にでかけましたが、スワンさんのことが話題に上りました。私が
> ホームページをちっとも更新しないのに見てくださっているとのこと。ありがとう
> ございます。次はスワンさんも練馬区立美術館にご一緒しませんか?副都心線を使うと
> 横浜から案外近いとチロリンさんがおっしゃっていました。私も久しくお目にかかって
> いないので、再会を願っています。
>  
 

昭和のビーズバッグについて追記

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 6月 1日(木)23時03分55秒
返信・引用
   書き忘れましたが今月職場の友人の結婚式に出席します。ウン十年ぶりの結婚式への
出席です。着ていく服に合うバッグが無くて、私が集めているビーズバッグの中にちょうど
合いそうなものがあるので、それにしようと思っていました。
 そんな折に昭和のビーズバッグが見直されているという記事を見つけてうれしくなりました。
ビーズバッグに目を留めてくれる人がいるでしょうか、ちょっと気になります。またご報告
しますね。
 

昭和のビーズバッグ

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 6月 1日(木)22時54分26秒
返信・引用
   今、昭和のビーズバッグや日本のビーズが見直されているとネットの記事で知りました。
昭和のアクセサリーを集めている私としてはうれしいことですが、最近は集めても飾る場所
もないからと買うのをやめていました。
 民博で集めているとのこと。最終的にそこに寄付すればいいとわかりましたので、また集めて
いこうかなあと思っています。
 ビーズバッグもですが、昭和のアクセサリーも素敵です。竹細工や銀線細工などほれぼれする
ものが沢山あります。貝のアクセサリーや鼈甲細工などもいいなあと思います。
 いいものはリサイクルショップに安値で出るというのが私の感じていることです。見向きも
されないのだなあと思うこともありますが、私はそういうものの価値を認めたいなあという
気持ちでいます。これも民博で引き取ってくれるような気がしますが、どうなのでしょう。
そのうち問い合わせてみようかしら。
 

練馬区立美術館へ

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 6月 1日(木)22時44分46秒
返信・引用
   今日チロリンさんと練馬区立美術館へ行ってきました。「19世紀パリ時間旅行」
というタイトルの展覧会でした。
 パリと聞いただけで反応してしまう私ですが、古いパリとなると更に興味をひかれ
ます。1300年代、1500年代、1800年代のパリの地図や石版画などが沢山展示されて
いました。時間が経ってもあまり変わらないということがわかりました。手彩色の版画
もいかにもパリらしい地味な美しい彩色で、色にも心ひかれました。新しいパリを作ろう
という動きがあったそうですが、案外変わらないままに伝統を引き継いできた街なのだと
改めて感じました。
 美術館へ行く前に中村橋からほど近い小さなピザ屋さんでランチを食べました。
ピザがメインのイタリアンでしたが、お店の雰囲気がパリの店のようで、ここから
展覧会の気分が始まったような気がしました。
 チロリンさんと一緒にでかけましたが、スワンさんのことが話題に上りました。私が
ホームページをちっとも更新しないのに見てくださっているとのこと。ありがとう
ございます。次はスワンさんも練馬区立美術館にご一緒しませんか?副都心線を使うと
横浜から案外近いとチロリンさんがおっしゃっていました。私も久しくお目にかかって
いないので、再会を願っています。
 
 

ロンウィ

 投稿者:kosato  投稿日:2017年 4月16日(日)10時04分58秒
返信・引用 編集済
   最近食器を買うことがマイブームになっている。断捨離しなければいけないと思っては
いるものの生活を楽しむことにも心が動く。食器で心惹かれるのも古いもの。フランスや
イギリスの食器でややアンティークくらいが私に合っていると思う。
 今回買ったのはフランスのロンウィというメーカーのもので、ジャポニズムが特徴という
ところにひかれる。私が見つけたのは白に紺色の絵付けがなされている。
 いつか買いたいフランスの洋食器が1つだけある。あこがれ続けていつか、と思っている
けれど、その日まで気軽に楽しめるような食器を少しずつ増やしていきたいものと思っている。
 

レンタル掲示板
/80