teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


高須院長ナイスですね!

 投稿者:塾長  投稿日:2017年12月 7日(木)12時01分22秒
返信・引用
  お騒がせ院長こと高須クリニック高須院長が昭和天皇独白録を競売で落札。

これを皇室に提供する意向と。

素晴らしい。愛国精神ここに極まれり。

ネトウヨとの違いは何か。

「ネトウヨは日本を守るのではなく、日本における自分たちの居場所を守ろうとしている」

米国教授の言葉らしいが、至言なり。

村西とおる監督ならずとも、この言葉を贈りたい。

高須院長、ナイスですね~!
 
 

日馬富士引退

 投稿者:塾長  投稿日:2017年11月29日(水)17時30分2秒
返信・引用
  日馬富士は引退する必要がなかった。

問題は、貴ノ岩の被害感情、被害回復、そして当事者はもちろん業界をあげて再犯防止の対策を講じることだった。

しかし、日馬富士の引退というトカゲのしっぽ切りによって、すべての問題が棚上げされたまま唐突に終わってしまった。

日馬富士は組織を守るために罪をかぶって刑務所に行くヤクザ者のようだ。

これでもう非難する対象がいなくなってしまったから、この問題は急速に世間の興味を失うだろう。

何も変わらない相撲界の日常が戻ってくるのだろう。

他方、日馬富士を引退させたがった人々というのは、誰だったのだろう?と思う。

貴乃花か?貴ノ岩か?横綱審議会か?相撲ファンか?

姿の見えない同調圧力に負けて、実力者が職を失うということは非常に残念なことだ。

このモヤモヤは何なのか?

日本人力士同士でも引退まで発展する事態だったのか?

答えは藪の中。
 

慣習を滅ぼす法令順守

 投稿者:塾長  投稿日:2017年11月28日(火)12時34分23秒
返信・引用
  日馬富士、貴ノ岩騒動、その後の白鵬の万歳三唱をめぐる批判めいた報道を見ていた雑感。

相撲業界は、もともと法律よりも慣習が強く作用する業界なのだから、そこに昨今の厳しいコンプライアンスを適用することはもとから無理がある。

そして、サラリーマン化した相撲取りの取り組みを見ておもしろいと思うのだろうか、などと思う。

ワイドショーが諸悪の根源のように思う。

正義を振りかざしているように思うが、視聴者のねたみ、そねみを掻き立てているだけだ。人の足を引っ張ってカタルシスを得させるだけの低俗なショー。

それが他人の家庭問題、業界をかきまわすだけかきまわす。

次のネタが登場するまで辛抱するしかない当事者の苦悩やいかに。

法令がそんなに偉いのか。

19世紀のフランスでは法令遵守の名のもとに慣習がないがしろにされている現状をなげく哲学者がすでに存在していた。

歴史が進歩していない証拠だろう。と思う。
 

トランプ雑感

 投稿者:塾長  投稿日:2017年11月 6日(月)16時08分6秒
返信・引用
  トランプ来日の様子をNHKでずっと見ていました。

横田基地にエアフォースワン2機が着陸しました。
トランプは後発の機に搭乗していました。

日本の領土内に着陸したにもかかわらず、
米軍基地で歓迎を受けて、米兵相手に演説し、USAコールを受けるトランプ。
このアメリカまみれの歓迎を受けるトランプを見て、
ああやはりこの国は占領されている状態なのだなあと思いました。

複雑な感情を抱いた日本人は多いと思います。

しかし、その乱暴者の居候と、何とか知恵を持って付き合ってきた70年があります。

他方、乱暴者と言えども、アメリカ人(米軍)も、日本人・自衛隊に対してある程度のリスペクトを抱いてくれているので、このバランスを崩す必要も実際はあまりない、ということになります。

仮に、なんとかしようとすればもう一度アメリカと戦争するしかないですから、やっぱり現状維持が一番、平和が一番ということになります。

トランプを見て、ああこんな人がリーダーになったら嫌だなあという思いを強くしました。
アメリカの話で本当によかったなあと思います。

尊大な態度、表情、言動から直感的に、こういう人のそばにいてはいけない、と思わせるオーラが出ています。

自分が従業員でもこんな社長、店長のいる会社では絶対に働きたくないなあと思いました。

隣に立っている安倍さんの柔和さが非常に際立ちました。

そう考えると、トランプを選んだアメリカ人たちはそこまで自分自身に対する自信喪失状態に陥っているのか、と感慨深く思います。

人間とは、結局、自信喪失した状態で何かの選択をせまられると、失敗する、という経験則をよくあらわしているなあと思いました。

常に自分の機嫌をとって、自分で自分を好きになってあげることが日常生活の選択肢を間違わないためには非常に大切ですね。
 

雑感

 投稿者:塾長  投稿日:2017年10月31日(火)09時37分31秒
返信・引用
  時間が経ってしまいましたが先の選挙を振りかえります。私は結局、比例小選挙ともに立憲民主党に入れました。

基地外さんご投稿ありがとうございました。
ご指摘のとおり、若者vs老人の構図が歴然と存在するのですが、
みんな(老人側は)怖くて指摘しないですね。

そこに手を突っ込んでしまうと自己否定につながりますからね。
自分たちの存在が増税に拍車をかけている、じゃあ死のう!とはならないですからね。

ところで、自民党を支持している若者は、「アベノミクスは成功している!株価も上がってるし内部留保も過去最高!トリクルダウンで給料もあがる!」と言いながら、自分の生活に余裕がない状況をどう考えているのでしょう?

勝ち組をさらに肥やす経済政策の結果、自分の給料が下がっている矛盾に気づかないのは愚かとしか言いようがないですな・・。

その不満、余裕のない感情を韓国、中国批判、排外主義で発散する姿は切ないものがあります。

自民党は景気回復をアピールしますが、正直周囲で給料上がったという話は一切聞きません。生活が楽になったという話も一切聞きません。
 

禿同

 投稿者:基地外  投稿日:2017年10月14日(土)20時43分52秒
返信・引用
  政治家も、大票田が高齢者だから、高齢者優遇政策を声高らかにのたまうんでしょうね。
今、あきらかに、世代間闘争です。経済的、文化的に簒奪されています、若手は。
古い左翼は老人クラブです。
右だ左だ関係なく、我々の利益代表を選出せねばならんのですが、投票したくない候補者ばかり。
地方議員は今の時期本部の使い走りに成り下がっており、ただの運動員と化しています。若手はベテランにヘーコラしています。
党を割ったり、党名を変えたところで、今までやって来た連中と、変わりません。
野党連合の聴衆も、思想が異なるものの、高齢者中心です。右も左も若いのがいません。
今の日本をあらわしていますなあ。あなおそろしや。
世代間闘争。この単語はかつて団塊が使っていたそうですが。
私は投票用紙に関係ない人名を記入します、今回も。
 

駄文

 投稿者:塾長  投稿日:2017年10月13日(金)14時29分35秒
返信・引用
  立憲民主党に入れようか迷っている。

自民党が大勝するはずだから、バランス重視でいつも投票先を決める私は、その反目に入れたくなる。

希望の党は、まずない。

小池にしろ前原にしろ、わかりやすいぐらい自分のことしか考えていない。

党利党略しか考えていない政治家はいざというとき、国益より、自分の利益を優先する。

こいつらはダメだ。

自民党に入れても大勝するだろうから、私の一票は事実上死票になってしまう。

最近考えがまた一つ変わってきた。

貧困層の救済に燃えていた時期もあったが、生活保護受給者の生活態度を直に見るにつけ、なんだか、保護の受給支援が世の中のためになっているのかよくわからなくなってしまった。

だから、貧困層の切り捨ては、やる気を生むためにはやむなしかと思い、自由主義でいいじゃない、と思っていた。

しかし、中間層の消滅、格差の拡大は、日本人の心をど底辺まで腐らせて、社会全体を混乱に陥れるおそれがあるから、止めなければいけないと思い始めた。

AI人工知能による管理、途上国への仕事の流出、外国人によるフリーター仕事の略奪、膨大な高齢者が、生きがいのために若者から仕事を略奪する社会が、もうはじまっている。

もうしばらくすると、コンビニもマックも人間は働くなっているだろう。すべて機械で、注文支払いを済ますようになるだろう。

スーパーのセルフレジが他の業種にも次々と導入されるはずだ。

それと、建設作業員を中心に移民が大量に流入する。人がまったく足りていないからだ。
それに関連して、単純労働ではビザは下りないはずなのだが、まぎれてわけのわからない中国人、東南アジア人がたくさん来るだろう。

今も、仙台でさえも、明らかに学生ではない、東南アジアの青年がたくさんいる。何のビザで来たのだろうと思う。女連中もたくさんいる。
彼らは、バイトしながらお金を貯めて、日本人と結婚する事に一生懸命だ。日本語学校の女の先生を一生懸命くどいている。

それにより配偶者ビザで定住できるようになるからだ。離婚したらまた次を探す。退去になる前に。それを知らない、モテない日本人がだまされて結婚する。だまされたふりか。双方ともになかなかたくましい。

それと高齢者たち。仕事がなくて、ヒマを持て余している高齢者がたくさんいる。みんな65歳を過ぎても70歳を過ぎても働きたい、が本音だ。

家にこもって奥さんに邪魔者扱いされながら、肩身狭くテレビを見ていると病気になるだろう。夫婦ともに。

耐えきれなくなった高齢夫婦は、離婚を選択する。かしこい妻は、夫の退職金が入った瞬間に離婚する。そして、半分持って、年金分割して厚生年金も半分貰えるように手配して、離婚する。自分のへそくりの金額は、夫には絶対知らせない。夫の預貯金の半分を財産分与でもらって消える。

高齢者vs若者の図式ができあがっているはずだが、馬鹿な若者たちは選挙に行かずにネットに向かってグチを吐いているだけだから、社会は何も変わらない。変えようと思っても絶対数で負けるから、結局、選挙などでは若者の意思は反映されない。

そこで、行きつくところは、ストライキか、暴動ということになる。しかし、その元気もないし、ストライキを行う、覚悟も度胸もない。

会社のストレス、将来に対する不安、それでうつ病になったといって心療内科で向精神薬をもらい、ぼろぼろになりながら生きている。生活保護を貰う人も多い。これまた本人のためにならない。社会貢献していない自分を責める毎日しか待っていない。さらに精神はずたぼろのになり、自己否定の日々がまっているだけだ。そして保護費で、医療費を払う。国民の税金を無駄遣いしている自分が情けなくて、最後は自殺か、テロしかない。

中間層が元気良い時代が、社会が、一番健全である。

それが消え失せようとしている。おそろしい。

海外に仕事をまわしてはいけない。高齢者に仕事を多く与えてはいけない。外国人に仕事を渡してはいけない。
日本の中間層が貧困層にならない政策を政治家、政党は打ち出さなければいけない。

会社の株価があがってもダメだ。その会社が日本国内で製造業、農業、サービス業等、資本をどんどん投下する会社じゃないとダメ。

中国やバングラデシュの工場に仕事を振るなら売国奴。中間層喪失に一役買っている売国奴でしかない。
 

ラスベガス

 投稿者:塾長  投稿日:2017年10月 3日(火)10時20分27秒
返信・引用
  ラスベガスの銃乱射事件。本当に恐ろしい事件だ。

カジノ好きだったようだ。ギャンブル依存症の断末魔だったのか、ISが犯行声明を出したという話もある。

背後に宗教的対立があろうがなかろうが、犯人は社会を恨んでいたのだろう。

その恨みを表現する手段として大量殺戮を選択した。そして、実行した、という事実が恐ろしい。

日本では起きないと断言できるだろうか。

経済的格差が個人の疎外感を強めて、それが排外主義、ヘイトスピーチを生んでいるように、
社会に対する恨みつらみが大量殺戮に結びつくことはけっこう簡単なようにも思える。

グローバル化した国際社会で、国内の格差が拡大する事は必然であり、避けられないのかもしれない。

しかし、その結果が、個人の負の感情を助長させて、他者への攻撃に転嫁することは防がなければいけない。

安全な社会が何より大事だからだ。

リベラル派の政治家はそれを危惧して経済格差を助長させるな、と警告する。

その指摘自体は非常に正しい。

ヘイトを煽ってもいいことは一つもない。

そのためには世の中の人々に蔓延するストレスを一つでも多く解消することだ。
 

立憲民主党

 投稿者:塾長  投稿日:2017年10月 2日(月)17時54分3秒
返信・引用
  枝野さん偉い!

名前がよい。
 

処女撲滅計画

 投稿者:塾長  投稿日:2017年 9月12日(火)10時40分4秒
返信・引用
  熊谷です。
9月になっても雨でテンションが上がらないため、
ヤクレさんの大学時代のエッセヰを貼り付けます。
今なお、唯一にして燦然と輝く、味のある名文です。



「処女撲滅計画について」
                            平野悪一郎

こんにちは、もう夏ですね。夏といえば海。新潟大学のすぐ裏ですね。海といえば男女の戯れ、SEXの溜まり場ですね。夕日を見ては思い焦がれるでしょう。車での行為を期待する方が多いのでは。
石原慎太郎の「太陽の季節」に今夜の相手をなくした男たちが、夜の浜辺に出かけては、「処女撲滅万歳」と叫んで残された女たちを狩りに行ったというシーンがあります。そういう場合でも結構釣れたものだと作者は回想しているようです。
太陽の季節は1954年に芥川賞を受賞した華々しい石原慎太郎のデビュー作ですが、その作品の解説には次のような解説がなされています。

「真剣に行為する純粋な肉体を本能で肯定し、退屈な価値観にのびのびと反逆するその華々しいデビュー作は、、、」

今から50年近く前に描かれた、海とヨットを象徴した太陽族は今でも生きいきとその価値観を残しているような気がします。退屈な価値観に反発し、本能で生きる若者たちは、キザな不良少年を表わしていて、花々しく若者の世代を代表しているように思います。それは今をも象徴しているのです。退屈な生き方に反発し、本能の赴くままに生きる姿に挑発する作者自身は高い道徳を身に付けつつ、その本能でもってあらゆる価値観に挑戦します。

みなさん海へ出かけてみませんか。そして本能のままに赴きませんか。女たちの処女撲滅を目指して。女たちは開放的となり、大学デビューたちのその水着を脱がせてみては。あなたの相手もそれを期待しているのでは・・・

「処女撲滅万歳!!」

 

レンタル掲示板
/100