teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


訂正

 投稿者:塾長  投稿日:2018年 2月21日(水)17時36分55秒
返信・引用
  誤 日本郵便の契約社員が
正 日本郵便の契約社員が提訴した裁判で、
 
 

同一労働同一賃金

 投稿者:塾長  投稿日:2018年 2月21日(水)17時36分4秒
返信・引用
  日本郵便の契約社員が、正社員と、契約社員の手当の格差を一部不合理と判断したようだ。

手当は本来、会社のボーナス的なものであるから、裁量がある程度認められる部分だ。

そこを一部不合理と判断した意義は大きいのではないか。

とにかく、契約社員、派遣社員、バイト、パートは企業にとって使い勝手よいことは間違いない。

しかし、大企業がケチって彼らに低賃金しか払わないことは明らかにおかしい。

中小零細企業の10倍、100倍、1000倍の資本がある会社が、中小零細企業と同じ低賃金で人を使うのは、何かがおかしいのだ。

残念ながら、それを促進するのが日本の与党であり経団連だ。

そんなことしたら国民の大部分が貧困化してしまう。

そのような国家運営がよいはずがない。

司法からの揺り戻しは必要だろう。
 

あらためてNISHIBE

 投稿者:塾長  投稿日:2018年 2月15日(木)12時59分27秒
返信・引用
  宮台が西部邁の死についてラジオで語っていたのをYoutubeで聞きました。

西部は20年ほど前から自裁死という言葉を使っていたと。

いわく、追い詰められて選択肢がなくなり死ぬ行為は自殺だが、
自裁死は、自由であり選択肢があるからこそ自ら死を選ぶものだと。

最近仕事で住宅街の小さな老人ホームに行ったのですが、
老人20名ほどが車イスに乗せられて無言で広い部屋にたたずんでおり
ある種の恐怖を感じました。

こういうことを言うと何ですが、
人間ここまでして生きている意味とはあるのか、と思ってしまう。

家族からすれば存在してくれるというだけで、ホッとするのかもしれない。
病院で管を通されて意識もうろうとしていてもよいのかもしれない。
しかし、本人からすれば生きる歓びはとうに失われているよなあ。

今の時点では、私は意思疎通ができなくなった時点で誰かに息の根を止めてもらいたいと思う。

そういった意味では、自分の体が動くうちに死を選んだ西部邁の気持ちがわからなくもない。
 

飛び出せ笑

 投稿者:塾長  投稿日:2018年 2月 3日(土)17時55分41秒
返信・引用
  基地外さんのナンシー話笑いました。あー面白。

私も下の奥歯に二本親知らずが放置されていますが、
歯医者さんは「痛くなってからでいい」と言っています。

どうせ抜くとき大変痛いからムリしないでもという発想なのでしょうか。

奥歯にものが挟まったような言い草だな、と思いました(ウマイネ!)。

ヤクレさんがお姉さまたちと集まっている会はなんぞやと思いましたが、
主催はおだぜんこう氏の奥方なんですね。

ヤクレさんらしいと思いました・・。

警備会社を辞めた後どのようにするのでしょうか?

ご報告お待ちしております。
 

歯といえば

 投稿者:基地外  投稿日:2018年 2月 3日(土)07時03分51秒
返信・引用
  大学時代にナンシーという爆乳の留学生がいたのを覚えていますか?胸元に「飛び出せ!」と書いた台湾製のTシャツを着ており、更に爆乳を強調したりして。
ヤクレさんやantoonとナンシーにセクハラまがいの行為をしていたような。
さて、そのナンシーが歯痛の私にくれた薬がバカよく効いたのです。
歯医者帰りに、GアンドBのスタジオでセッションした時に、何故かナンシーもいたんですが、麻酔が切れてしまった私が歯を痛がったところ、ナンシーが「家から薬を持ってくる」と言い私に手渡した錠剤が抜群に良かったのです。
外国は日本ほど許認可やら規制やらでがんじがらめではないので、強い薬も市販されているんでしょうね。
今回の親知らず抜歯の際にロキソニンを3日ぶん処方してもらいましたが、飲みきった後もまだ痛みがあったので、市販薬でやり過ごしていますが、ナンシーの薬ほどは効きません。
先日もロサンゼルスの学校で12歳の生徒が持ち込んだ銃を乱射する事件がありましたが、外国特にアメリカあたりは規制がゆるく、薬のみならず銃も容易に入手できるんだなあと感じました。
規制も良し悪しなんでしょうか。
歯痛の話から飛躍してしまいましたが、ナンシーの爆乳はとにかく凄かったと。
 

私事

 投稿者:基地外  投稿日:2018年 2月 2日(金)20時50分43秒
返信・引用
  齢36にして親知らずを抜きました。
1週間経ってもまだ痛みがあります。若い頃に抜いておけば回復も早いのでしょうが、中年になってから抜くと中々痛みがおさまらないようで。もしジジイになってからだと、今度は歯槽膿漏がからんでくるようですな。
いやはや、歯は大切だと痛感しました。

ヤクレさんの降臨を期待します。転職活動やら、オフ会やらの話が聞きたいですわい。
 

Susumu

 投稿者:基地外  投稿日:2018年 1月26日(金)19時57分37秒
返信・引用
  アルコールを過剰摂取して入水自殺したようですね。
年末年始帰省した際に、実家で西部氏が出ている番組を見ましたが、かなり老け込んでおり、私の記憶に残っている氏の外観とは大分違っていました。
奥さんに先立たれ悲観的になったのか、老いのためか、はたまた皮膚病のためか。
それとも頭脳の衰えと忍び来る認知症への恐怖のためか。
貴重な理論家が亡くなってしまったなあ、という思いです。

そういえば、野中広務氏も亡くなりましたね。92歳だったとか。

中曽根氏は今年100歳ですかね。長生きだなあ。
 

NISHIBE

 投稿者:塾長  投稿日:2018年 1月26日(金)12時24分24秒
返信・引用
  西部邁が死んでしまった。一つの時代の終わりを感じる。

言論人は死と向かい合った自分の考えを筆で残すため、
言行一致を求められて結局、自死をえらばざるを得ないのではないか。

本人にとっては良いことなのかもしれないが、
残された人間にとっては釈然としないものが残るだろう。

生きる自由がないのだから、死ぬ事由くらいよこせとビートたけしは言っていたが。。
 

早く春が来てほしいですね。

 投稿者:塾長  投稿日:2018年 1月18日(木)17時27分53秒
返信・引用
  yamaさん

お久しぶりです!おめでとうございます。

そういえばyamaさんも新婚旅行カンボジアでしたよね。

入管で「たしかyamaさん御夫婦がimmigrationではなく、
現地人の窓口に案内されたという鉄板ネタがあったな。あれはどこの国だっけ?」

と思い出していました。そうでした。

ポルポトの惨劇は、今もカンボジア人の心に深く傷がついている様子です。

実際に話を聞いたわけではありませんが、
タクシーの後部座席で、日本語で会話しながら「ポルポト」と発音しただけで、
運転手は「ビク!」としていました。

考えすぎでしょうが、ハリーポッターにおける「ボルデモート」的な、
呼んではいけない人の名前、という雰囲気が漂っていました。

そして、プノンペンの街は、心なしか、老人男性がおりませんでした。

若者ばかり、という感じです。虐殺の影響を感じさせました。

骸骨寺がある、キリングフィールドに友人が観光で行ったのですが、
どこに行っても現地の人であふれかえっているカンボジアにかかわらず、
その場所は、観光客の白人だけしかいなかったと言います。

思いだしたくない過去なのだろうと思われました。
 

(無題)

 投稿者:yama  投稿日:2018年 1月12日(金)23時23分56秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。
お久しぶりです。

塾長のカンボジア報告を大変興味深く拝読いたしました。私も10年程前、シェムリアップ、トンレサップ湖を訪れました。当時は世の中のことなど何も知らなかったにせよ 、街の活力、渇望、その上の爽やかさに大きな驚きをおぼえたものです。日本が朝鮮戦争の特需に湧いてから、オイルショックまで二十数年元気だったというから、私の訪問の往事の雰囲気が塾長を包んでいたものとおよそ同じものだとしても、色あせていないことは不思議ではないかもしれません。

ポル・ポト時代、有識者は海外にいても誘い呼び出されて粛清されたとのこと。また、歴史的資料から法律から教育から、インテリにつながるものは全て葬られたとのこと。そうしたことから、法学者を派遣する支援プログラムが当時あったのを思い出しました。


 

レンタル掲示板
/101